【ファイトクラブ】(主演:エドワード・ノートン)

【予告編】

 

この【ファイトクラブ】は、エドワード・ノートンとブラット・ピットの

2人のスター主演の、サスペンス映画。

 

『サブリミナル効果』が用いられている事でも有名な映画で、

それを知ってみると、ついつい何処に仕掛けられてるか探したくなっちゃう映画でもあります。

 

勿論、ストーリーも面白い名作で、正に衝撃の『どんでん返し』も。

映画のテーマや雰囲気から、若干ダークな映画として見られることもありますが、

僕の印象としては、主人公の葛藤や成長を描いたヒューマンドラマ。

 

1999年制作の結構古い映画ですが、未だに人気の作品で、

見た事なくてもタイトルは聞いた事はある。その位の名作。

 

その【ファイトクラブ】を無料動画で見る方法のご紹介です。

 

> 【ファイトクラブ】ネタバレ有あらすじはコチラから(ネタバレ注意!)

スポンサーリンク

【ファイトクラブ】あらすじ概要(ネタバレなし)

主人公である僕(エドワード・ノートン)は、

それなりに裕福な生活をしている会社員だったが、平凡な日常に辟易していた。

 

彼は不眠症に悩まされていて、

『がん患者の会』や『アルコール依存症患者の会』などのグループ・カウンセリングに出て、

会員と交流することで日々のストレスを発散させていた。

 

が、同じような目的で参加しているであろうマーラ(ヘレナ・ボナム=カーター)

と出会った事を原因に、グルーブに参加してもストレスが発散できなくなり、

再び不眠症に悩まされる事に。

 

 

そんな中、タイラー(ブラット・ピット)と言う1人の男と出会う。

彼は僕とは真逆な、破天荒でユーモア溢れる野性的な人間だった。

 

ある日、僕の出張中に自宅で爆発事件が起こり家を失ってしまう。

そこで僕はタイラーに救いの手を求める事に。

 

するとタイラーは突然、

 

「力いっぱい俺を殴ってくれ」

 

と言い出す。

戸惑いながらも、彼を殴ると、そこからふざけ合いながらも本気の殴り合いを始める。

殴り合いでボロボロになった二人は、痛みの中で生きている実感を感じ、

それから二人は、時々殴り合いをするようになる。

 

次第にそれを見ていた人達が参加し始め、やがて毎晩のように行われるように。

そしてそれが発展し、酒場の地下に『ファイトクラブ』をタイラーが設立する。

 

 

『ファイトクラブ』のメンバーはどんどん増え、次第に組織として大きくなっていくにつれ、

ジャックはタイラーと距離を感じるようになり、疎外感を覚える。

そして次第に『ファイトクラブ』は、タイラーを絶対的リーダーとした、

反社会的な組織になりつつありました。

 

その現実に不安を覚え、タイラーの行動にも不安を覚えていた所で、

僕とタイラーの、僕が気付いていなかった関係が明らかに。

 

そしてそこからタイラーの度を越えた計画と、それを止めようとする僕。

 

 

二人の関係がもたらす衝撃的な結末が。

 

【ファイトクラブ】を自宅で無料動画で見る方法

ネット上を探して無料で映画を見ようとしても

映画の、特に洋画の場合は、もしあったとしても、

 

『画質が荒い……』

『字幕が変……』

『音声がズレてる……』

 

そんな事がほとんどで、まともに集中して見れません。

そこで今は、動画配信サービスで無料で見るのが一番!

 

ただ、動画配信サービスも会社によってまだまだ品ぞろえはイマイチと言った感じ。

そんな時は、やっぱ頼りになるのは【TSUTAYA】

 

この【ファイトクラブ】が無料お試しで見れるサービスはコチラだけ!

 

【TSUTAYA】なら、他の作品も折角だから無料見たい!って時でも、

動画配信で見つからない映画も、配送DVDレンタルも出来るのでおススメ!

 

> TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV(30日間無料!)

 

other newsstory

→ ファイトクラブ – 映画ネタバレ感想・あらすじ解説!

→ ファイトクラブ – ネタバレ!ラストシーン最後の結末の意味を徹底解説!

→ ファイトクラブ – サブリミナルの意味・効果は!?ブラピがシーンに!

→ ファイトクラブ映画は名言が多い!日本語・英語名言集!